2018.06.21

2018.6.12米朝首脳会談@シンガポール

報道技術

写真A2

報告

フジテレビ報道・情報技術部派遣  制作技術部 報道技術 細野太郎

「世紀の瞬間!!」米朝首脳会談

シンガポールから生中継

2018.6.12にシンガポールにて行われた米朝首脳会談を、フジテレビ報道・情報技術が現地シンガポールから生中継しました。

「世紀の瞬間」とも言われたトランプ×金正恩の会談は世界の注目の的であり、フジテレビの報道・情報番組でも大きく取り上げるべく、多くのスタッフと放送機材がシンガポールに集結しました。

写真A2

フジテレビの技術力

情報の発信基地となるプレスセンターは、世界最高峰の自動車レースF1シンガポールグランプリが行われるF1ピットビルに開設され、世界中のメディアが集まる中、フジテレビも最新情報を迅速に伝えるため、日本から持ち込んだ大量の機材を使って放送システムの構築をしました。

フジテレビの多様な番組に広く対応するため、海外からの中継としては異例の規模の「現場で複数のカメラをスイッチングするシステム」と、台場のスタジオにいるキャスターやスタッフと「密に連絡が取れる回線をプランニング」して、歴史的瞬間を現場から各番組のキャスター陣がわかりやすく解説、生中継しました。

その高い技術力とシステム規模は、日本の他局テレビスタッフはもちろん、海外メディアも驚くほどで、我々の放送システムと中継風景を逆取材しているメディアも多く見受けられるほどでした。

写真B2

チームワークで総力戦

東京のフジテレビスタッフはもちろんのこと、バンコク、ソウル、北京支局をはじめとする数多くの海外支局スタッフがシンガポールに大集結し取材、中継にあたりました。

全スタッフがリアルタイムで情報共有できるようにグループが組まれたスマートフォンは期間中、ひと時も鳴りやむことがなくFNN(フジニュースネットワーク)スタッフの高いチームワークが発揮されました。

 

ニュースはつづく

フジテレビ報道・情報技術部と協力体制にあるフジ・メディア・テクノロジー報道技術は、これからもフジテレビの報道番組、情報番組を迅速かつ正確に伝えていくために日夜、業務に励んでまいります。

ひとが動いている以上、「毎日どこかで何かが起きています」

ニュースが無い日は無いのです。